検索
  • Ito-Inaba Y

裸子植物ソテツの花が発熱するしくみの一端を解明

最終更新: 2月7日


私達の研究グループは、理化学研究所および九州大学の研究グループと共同で、日本の固有種として知られるソテツ(Cycas revoluta)の花の発熱を、世界で初めてサーモグラフィーで捉えることに成功しました。これまで、ソテツの花の発熱に関しては、よくわかっていませんでしたが、今回の研究により、ソテツの花が発熱するしくみの理解が飛躍的に進みました。今後、花の発熱を支えるしくみの理解が進めば、寒冷環境下における農作物の成長を促進したり、花における匂い成分の合成や飛散を助けたりする技術の開発につながることが期待されます。


大学HP:プレスリリース http://www.miyazaki-u.ac.jp/newsrelease/edu-info/post-294.html

News and Views: http:/www.plantphysiol.org/content/180/2/689

表紙を飾りました。 http://www.plantphysiol.org/content/plantphysiol/180/2.cover.pdf

論文URL: http://www.plantphysiol.org/content/180/2/743


本研究成果は、朝日新聞、日経新聞、科学新聞、宮崎日日新聞を始め、複数のメディアで紹介されました。

0回の閲覧

問い合わせ先

宮崎大学農学部・植物生産環境科学科

准教授 稲葉靖子

〒889-2192  宮崎県宮崎市学園木花台西1-1 宮崎大学農学部・花き生理学研究室

TEL/FAX:0985-58-7164

E-mail:ykoina☆cc.miyazaki-u.ac.jp(☆を@に変更して、お送り下さい。)