問い合わせ先

宮崎大学農学部・植物生産環境科学科

准教授 稲葉靖子

〒889-2192  宮崎県宮崎市学園木花台西1-1 宮崎大学農学部・花き生理学研究室

TEL/FAX:0985-58-7164

E-mail:ykoina☆cc.miyazaki-u.ac.jp(☆を@に変更して、お送り下さい。)

ラボ立ち上げ以降の主要な講演・発表に関してのみ記載。

招待講演

稲葉靖子

「発熱植物の生体エネルギー論:シアン耐性呼吸からミトコンドリアの構造まで」
​(英語タイトル:Towards understanding the roles of mitochondrial energy bypasses)

第57回日本生物物理学会、シンポジウム『電子・熱・化学エネルギーの生体内伝達と地域社会実装に向けた基盤研究』、2019年9月、宮崎

稲葉靖子

「植物の花による熱産生–ザゼンソウとソテツの研究から見えてきた新視点–」

第1回Biothermology Workshop –生命システムの熱科学–、2016年12月10日-11日、基礎生物学研究所

稲葉靖子

「体温の調節ができる夢の植物を創る?-ザゼンソウの発熱分子機構に関する研究-」

第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会、ワークショップ『オモロイ生き物の分子生物学』、2015年12月、神戸

学会発表 ※発表者に〇。

〇深町翠、岡杏里砂、梶浦正典、姫野将平、稲葉丈人、鉄村琢哉、稲葉靖子

「低温がスイートピー切り花の花持ち効果に与える影響の検証 」

園芸学会、2018年9月22日-24日、鹿児島(口頭発表)

〇前川春彦、溝口幸一郎、片山陽子、稲葉靖子

「発熱植物ザゼンソウの葉由来プロトプラストを用いたシアン耐性呼吸酵素AOXの解析」

(Functional analyses of mitochondrial alternative oxidase using leaf protoplasts from thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus renifolius))

日本農芸化学会2018年度大会、2018年3月15日-18日、名古屋(口頭発表)

〇倉山侑也、山本知奈、片山陽子、稲葉靖子

「ソテツ(Cycas revoluta)雄花の発熱におけるシアン耐性呼吸酵素の役割と分子同定」

​(Identification of two AOX genes, CrAOX1 and CrAOX2, and their possible roles in the male cone thermogenesis of the gymnosperm Cycas revoluta

日本農芸化学会2018年度大会、2018年3月15日-18日、名古屋(口頭発表)

〇Haruhiko Maekawa, Yasuko Ito-Inaba

Establishing transient gene expression and RNA interference as genetic approaches for gene functional analysis in protoplasts of thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus renifolius)​

Taiwan-Japan Plant Biology 2017, Nov 3th-6th, 2017, Academia Sinica, Taipei, Taiwan(ポスター発表)

〇Yasuko Ito-Inaba

'Possible roles of cyanide resistant respiration in cone thermogenesis in the gymnosperm Cycas revoluta'

10th International Conference for Plant Mitochondrial Biology 2017, May 22th - 27th, 2017, Hangzhou, China (ポスター発表)

〇前川春彦、稲葉靖子

サトイモ科発熱植物ザゼンソウ由来プロトプラストの調製と高効率形質転換法の確立                  

日本農芸化学会 西日本支部大会 2016年9月15日-16日、長崎(口頭発表)

 

〇稲葉靖子、倉山侑也、溝口幸一郎、岡杏里砂、前川春彦、稲葉丈人

裸子植物ソテツ(Cycas revoluta)の発熱機構に関する研究

日本農芸化学会 西日本支部大会 2016年9月15日-16日、長崎(口頭発表)

 

〇稲葉靖子、岡杏里砂、前川春彦、稲葉丈人

​ソテツの発熱機構におけるミトコンドリアの役割:裸子植物と被子植物の相違について

日本植物生理学会2016年度年会 2016年3月、盛岡(口頭発表)

〇稲葉靖子、増子潤美、前川春彦、渡辺正夫、稲葉丈人

発熱植物ザゼンソウにおけるPEBP遺伝子ファミリーの同定および解析

2015年度日本農芸化学会、2015年3月26-27日、岡山(口頭発表)

 

◯稲葉靖子、増子潤美、渡辺正夫、稲葉丈人

フロリゲンに着目したサトイモ科発熱植物ザゼンソウの開花生理に関する研究

平成27年度園芸学会春季大会、2015年3月28-29日、千葉(ポスター発表)

 

◯Yasuko Ito-Inaba, Hiromi Masuko, Masao Watanabe,Takehito Inaba.

Roles of expressed in floral organ of thermogenic skunk cabbage () in the promotion of flowering.

Plant Biology 2014, July 12-16, Portland, Oregon, US.(ポスター発表)